パンと音楽

アクセスカウンタ

zoom RSS 山と海

<<   作成日時 : 2012/02/23 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに本をよく読む最近。
昨日も一冊、小説を読み終えました。

主人公はピアノの調律師。
ピアニストになるのをあきらめて調律師になったのです。
そんな主人公が衝撃的なセリフを吐きます。


「音楽の世界というのは、神童の墓場なんだよ」


幼い頃にもてはやされた才能が、スポイルされて枯れ果てていく。
切ないことです。

僕は神童でも何でもありませんでしたが、その苦しみは想像できるような気がします。



人生を山に喩えるのは多くの人にとってわかり易いイメージのようで、よく耳にします。
ただ、山である以上は頂上があり、頂上がある以上は下りの道がある。
結果、どうしても後半部が暗いストーリーになりがちです。


僕が人生を何かに喩えるとしたら、海をイメージします。
なだらかな水面がどこまでも続いていて、そこに大小さまざまな波が現れては消えていく。

突出した頂上こそないけれど、人生のピークは無数にある、という考え方です。
上りもなければ下りもない。
やってきた波を見定めて、上手く乗れるかどうか。ただそれだけ。


  もし乗り損ねたら・・・?


  何のことはない、次の波を待つだけ。


自分に合う波を見つけて、乗りこなすこと。


小説の主人公のセリフには、こんな続きがありました。

「二流のピアニストになるよりは、一流の調律師になった方が僕自身のためだって」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山と海 パンと音楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる