芸術家と職人

僕の周りにいる素敵な人達(の仕事)を紹介します。

いつもお世話になっている美容室。
今年で6周年を迎えるそうです。

画像


ただ髪を切りに行くだけじゃなくて、音楽、絵画、写真、色々影響を受けています。
ついコーヒーを頂きつつ長居してしまう、そんなお店。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分のお店をオープンさせた花屋さん。

画像


この前ふらっとおじゃましました。
その時に店の前に置いてあった花のアート。
同年代の活躍は、すごく刺激になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たまたま地元のギャラリーで作品を見て虜になり、以来ファンとしておっかけてる彫刻屋さん。
ご本人がカバンにつけてたのを、どうしても欲しくて直談判の追いはぎスタイルで手にしたアート。

画像


ピーマンくん。
この澄み切った表情。たまりません。
小物入れになってて、中にアメが一つ入ります。


御三方に共通するのは、皆アーティストであること。
創造的な仕事を日々の生業としている。

憧れます。
自分もかつてはアーティストを夢見たものでした。
言葉であれ音楽であれ、自らの内面を創造的に表現する能力が欲しかったッッ!!(荒木飛呂彦)

しかし今僕が目指しているのは職人です。

芸術家と職人。

何が違うのだろう。
明らかにイメージが異なるのは確かだけれど。

それを語るのは野暮なことなんでしょうね。

ともあれ、僕はパンを作る職人になりたい。

なります。

"芸術家と職人" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント