テーマ:パン

BACK TO BASIC

研修を終え、現場に復帰してからの1ヶ月。 前にも増してパン作りに熱が入ります。 仕事終わりにその日作ったパンを振り返り、配合や作業工程について考える。 気がついたことをまとめたノートも、もうすぐ一冊書き終わります。 いつしか、僕にとってパンは楽しく食べるものではなくなり、批評の対象になっていきました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好機

テレビや本でしか見たことのない人に、実際出会えたらどうだろう。 僕にも何度かそういう経験がある。 表参道の裏路地で雑誌のモデルとすれ違った時・こんな常人離れしたスタイルの人がいるのか、と息をのんだ。 深夜の六本木で肩を組んで歩く芸人と俳優を見た時・酔っ払っていてもオーラってのは出てるんだな、と妙に納得した。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

稲穂

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」 チョキ、チョキ、チョキ。 馴染みの美容院での一コマ。 美容師さんから、「好きな言葉ある?」 そう聞かれて僕は答えた。 稲穂。 だけど実際の僕は稲穂どころか、小麦のごとく頭を屹立させていた。 小麦。 いつものように小麦粉を計量し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

吉報

気がつけば5月も過ぎて6月になりました。 無事にデビューも終え、 僕は相変わらずフランスパンを作り続けています。 この前、仕事中にオーナーからこんな手紙を頂きました。 自分のことをちゃんと見てくれてるんだなぁ、って嬉しくなりました。 またやる気が出るってもんです。 さぁ、明日も美味しいパン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

考えるパン屋

パン職人の毎日は、不確定要素との戦いです。 温度・湿度・水・粉・酵母・・・、 その時々で様々に変わる条件の下、パンが一定の品質を保てるよう苦心します。 今回のパンはどうして味が薄いんだろう? さっきのパンはどうして皮がパリパリしたんだろう? 疑問が浮かぶ度に、側にいる誰かと話し合ったり、本を開いて先人の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

デイドリーマー

店で余り生地を使って丸パンを作りました。 それを持って帰って、昼にサンドイッチを作りました。 自分で作ったものだけど、美味いです。 本当に美味い。 「ライ麦と全粒粉のがっつりサンド」 \420 なんつって。 夢は膨らむばかりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MAGI散歩~鎌倉編・その②~

前回に引き続き、鎌倉散歩。 友達の店を出た後、向かう先は・・ パン屋です。 未知の場所へ出かけたら、その土地のパン屋をめぐることが楽しみの一つです。 鎌倉なんて、いかにも素敵なパン屋がありそうな場所じゃないですか。 ということでネコの看板が出ているこのパン屋。 なんと、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一本入魂

夜風が気持ちいい季節になりました。 ベランダでchill。 5月に入ってから、実質上一人で仕事を進めています。 先輩は基本、側で見てるかどっか別のところにいて、ほぼ手出しをしません。 仕事は大変だけど、思う存分理想のフランスパンを追求できる環境にいます。 焼き色をもっと美しくするためオーブンの温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒー会議

ハードに働いた週末。 仕事終わりに先輩が、 「ちょっとコーヒーでも飲んでいきますか。」 と。 自販機でカフェオレ買ってもらって、休憩室でチル。 最近どう?なんつって他愛もない話をしていたら。 おもむろに別の先輩も集まり始め。 いつの間にか4人で会議みたくなってました。 議題は・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プロ

飛騨高山のパン屋、トランブルー。 雪深いこの地でひたすらパンを作り続けるシェフ。 先日のNHKプロフェッショナルで特集されたこの番組を録画して、もう3回見ています。 「孤高の職人」という呼び名がピタリとはまるその立ち居振る舞い。 「常に不満であれ」 「惰性を許すな」 ストイックな言葉が響きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チームフランス ~二人の師~

僕には二人の師匠がいる。 ここではA先輩、B先輩と呼ぶことにする。 A先輩は実直な人柄で、年上なのに全く偉ぶらない。 いつも周りを気遣い、きちんとした仕事をする。 B先輩はいわゆる天才型で、年下だけど尊敬に値する。 仕事のスピードがずば抜けていて、斬新な発想と確かな技術でバリバリ仕事をこなす。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

未来予想ズ

日々パンを作り続けていると、ついパンを作ることだけで頭がいっぱいになってしまいます。 パンを作ることは手段なのに、目的になってしまいそうな。 そんな時は地に足をつけて、改めて自分の未来に思いを馳せます。 今日は店の内装イメージをふくらませるため、家具屋に行きました。 目黒通り沿いの家具屋をチラ見しつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンの魅力

パンの魅力について、よくこんな言葉を聞きます。 「わからないところがおもしろい」 同じ発酵時間でも生地の仕上がりが異なる。 成形の力加減を変えるだけで、製品のボリュームが変わる。 そして出来上がったパンは、自分の予想に反して美味しかったり不味かったりする。 その原因がハッキリつかめなくて、モヤモヤする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンと人

僕のいる厨房は人通りの多い通路沿いにある上に、外から見えるように扉を開放してあるので、色んな人が顔を出してくれます。 ある日の昼下がり。 仕事が一段落ついて先輩と話していたら、背中に視線。 振り向くとそこに友達。 仕事で近くまで来たから、って言ってわざわざ寄ってくれました。 甘いパンが好み、ってこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の人

さっき、エレベーターでお隣さんと乗り合わせました。 「もう花見しましたか?」 「はい、下に咲いてる桜もけっこうきれいですね」 なんて。 昨日は職場で厨房の人と、 「今日はいい天気だね~、仕事してる場合じゃないね」 「いや~ホントに。今すぐ見に行きたいですね~」 なんて。 もう花の話ばっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

充電

4月1日の東京。 昨日の荒れた天気がウソのように静まって、今日は晴天。 楽しみにしていたこの日。 仲間と花見をしようってことで集まって。 僕の働いてるパン屋で大量にパンを買い込み、ブルーシートに広げる。 パンを手でちぎって渡す。 仲間の証。 あまりにも天気がいいから、寝そべっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補助輪

はじめて補助輪を外したときのこと。 一人でペダルを漕ぎ出した時のあの感覚、 怖いような、嬉しいような。 気がつけば自然に走ることができている。 一週間前に補助輪が外れました。 フランスパンの工程中、自分にとって最も高い壁だった成形。 べたつく生地を、張らせながら真っ直ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンと映画

映画って、頻繁に映画館まで観に行く人と全然観に行かない人にわかれますね。 僕は明らかに後者で、映画にはほんと縁がないですが、この前久々に観に行きました。 そして泣きました。 これ、パン屋が観に行くなんてベタやな~。 なんて言わないでください。 ホント観に行ってよかったです。 舞台が北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祭り

色々あって、お店には出せないパンたち。 ベテランの人達って、パンを捨てるのにあんまり抵抗がないみたいでどんどん捨てます。 今日は、そんなパンたちを救ってきました!! これ以外にも試作品のパンとかたくさん持って帰ったらすごい数になってました。 これから夜のパン祭りです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めがねクン その1

・手で生地を成形していく ・鼻で発酵の進み具合を知る ・口で味を確かめる ・耳でボウルの中の材料が混ざり合う音を聞く ・目で生地の状態を判断する パン職人の仕事は、五感をフルに活用することが求められます。 で、僕は裸眼で0.2くらいしか視力がありません。 めがねは持ってるけど、10年以上前のだし、フレームが曲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裸の付き合い

昨日の朝10時半、蒲田駅南口。 パン学校時代の同志三人と集まりました。 蒲田駅から車に乗せてもらい、国道1号を川崎方面へ。 車内では近況報告が飛び交います。 そうこうしてるうちに、目的地に到着です。 スーパー銭湯!! いや~、久々に会っていきなり裸の付き合いです。 いつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D.O.F.

占いの類はあんまり気にしない方ですが、昨日ばかりは運勢が気になりました。 一日に二回も悲劇が起きることなんて、そうそうないですから。 一回目。 いつものようにフランスパンを仕込み、最終発酵をとり、いよいよ焼成に入るという時。 先輩が生地の乗った天板をオーブンに入れていく。 俺は傍で別の作業をしている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ファンです。

僕が働いているのは、レストランに併設されたパン屋です。 売り場は小さいけれど、けっこうな数のパンを並べています。 そしていつも行列が絶えません。 焼き立てのパンを運んでいくと、お客さんが待ってましたとばかりに買って行ってくれる。 お客さんも僕も笑顔になる。 ありがたいことです。 それも店が長いこと培ってきた信頼があっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

現在位置確認

働き始めて1ヶ月がたちました。 仕事を覚えるのに精一杯で、日々パンを作り続けてあっという間に時間が過ぎていきます。 ともすると流れていってしまいがちな毎日。 ふと立ち止まって自分の現在位置を確認してみる。 今の自分のペースで2年後に目標を達成できるのかどうか。 「最初は皆できないもんだよ」 この言葉は優し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコパンと俺

今日もひたすらパンを焼く。 なかなかまともなパンが焼けない上に何回もヤケドして、そんな自分にイライラしていた時。 「焼きたてのチョコパンどう?」 先輩が紙袋を持って立っている。 「甘いもの食いたそうな顔してたからさ。良かったら。」 そうか。 顔に出ちゃってたんだな。 そして先輩はそんな俺を見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間力

今、僕が働いているお店のオーナーは本当に素敵な人です。 僕の拙い文章ではその素敵さの10%くらいしか表現できませんが、何しろ素敵な人なのです。 今日は「ホームパーティー」に参加しました。 オーナーの家で昼間から、製造スタッフ・販売スタッフが20人くらい集まって和気あいあいとパーティーです。 お寿司やピザを囲んで、皆で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パンと同志

久々にパン学校時代の仲間と飲みました。 東京に一週間だけいるとのことで、声をかけてくれたのです。 二人とも酒はあんまり飲めないけど、立ち飲み屋に行きました。 当時、僕は班員・彼は班長。 仲間と言っても経験値には雲泥の差があります。 ということでパン作りについて、色々と相談させてもらいました。 やっぱり頼りになる班長で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンと生活

パン職人として働き始めて、二週間が過ぎました。 レストランの厨房の片隅で先輩と二人、一日に300本前後のフランスパンを作り続けています。 フランスパンの材料は、粉・水・塩・酵母。 この四種類が基本です。 バターや砂糖、卵や牛乳を加えずシンプルな製法で作るこのパン。 だからこそ奥が深い。 副材料でごまかせな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三のステータス

最近はめっきりやらなくなったけど、昔からRPGが好きです。 DQよりFF派だったなぁ。 天野よしたかの絵が好きで。あと物語としての完成度が高かった。人間ドラマみたいなのがちゃんとあって。 キャラをレベルアップさせていく過程で色んなステータスが上がって成長していく。 それがまた楽しかった。 でも、一つだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more